» Blog Archive » シミュート


「シミって、クリニックでレーザー打たないと取れないんでしょ?」と思っているあなた。たしかに、スキンケアだけでシミをきれいさっぱり取り去ることはできません。
でも、シミの予防効果が期待できるシミ対策クリームはあります。実感力があるシミ対策クリームをスキンケアに取り入れるかどうかで、1年後の肌は大きくかわります。「でも、たくさんあるシミ対策クリームの中からどれを選んだらいいのかわからない!」というわけでこの記事では、ガチでおすすめできるシミ対策クリームランキングを紹介しています。

シミ対策クリームを購入する前に注目すべきポイントも紹介しているので、購入を検討している人や、今からエイジングケアを始めたい人も参考にしていただけれるとうれしいです。

【最強】シミ対策クリームおすすめ人気ランキング!

  • シミ予防に効果的なメラミン還元やターンオーバー促進が期待できる
  • 紫外線を浴びる前と浴びた後のメラニン対策が期待できる
  • 長期的に続けやすい
シミ対策クリームを実際に使用した経験や口コミをもとに、上記の項目で各シミ対策クリームを評価しランキングをつけました。

「シミ対策クリームって、どれを使ったらいいの?」と迷っているあなたに、参考にしていただけるとうれしいです。

1位:シミュート【トリプル美白有効成分がシミをブロック!】

基本情報
販売会社 株式会社ヴィワンアークス
おすすめ度  5.0
価格
  • 通常価格:11,080円(税込)
  • 定期初回:1,980円(税込)
  • 2回目以降:5,980円(税込)
内容量 30g
分類 医薬部外品
有効成分
  • アルブチン(ハイドロキノン誘導体)
  • ビタミンC誘導体
  • トラネキサム酸
その他成分
  • 卵殻膜エキス
  • バイオエコリア
香り 無香料
購入できる場所 公式サイト、通販サイト
最もおすすめなのは、美白有効成分が3種類も入っているシミュートです。

メラニンの生成をおさえシミ・そばかすを防ぎ、肌のターンオーバー促進効果があるビタミンC誘導体と、シミの元・メラニンができるのをじゃまするトラネキサム酸とアルブチンが配合されているので、シミを防ぎ透明感のあるお肌を目指せます。

私も今現在シミュートを使っていますが、数ヶ月間の使用で、肌がうるおってツヤっとしてきたのを感じました。

これまでたくさんの薬用美白※クリームを使ってきましたが、使用感に満足できたのはシミュートが初めてでした。

卵殻膜エキスも入っているので、保湿もバッチリ。、定期購入系の商品の中でも回数縛りがなくいつでも解約OKなのもうれしいです♪

シミと乾燥小じわの予防が一つで完結するシミュートは、美白クリーム※を初めて使う人にぴったりのアイテムです。

※メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ

シミュートの公式サイトを見る

2位:QuSomeホワイト2.0(ビーグレン)【速攻型ハイドロキノン2%配合】

基本情報
販売会社 ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社
おすすめ度  4.5
価格
  • 通常価格:6,600円(税込)
  • トライアルセット:1,100円(税込)
内容量 15g
分類 化粧品
有効成分
  • 配合なし
その他成分
  • ハイドロキノン
  • メラトルピン
  • TGP2
  • アミトース
香り 無香料
購入できる場所 公式サイト、通販サイト
アメリカの薬学博士が開発したサイエンスコスメ「ビーグレン」から出ているシミ対策クリーム・QuSomeホワイト2.0。

ビーグレン独自の浸透技術QuSomeを採用したハイドロキノンを2%配合しています。

浸透力があるため成分がより肌へと届き、効果を感じやすい処方になっているのが特徴で「肌の透明感が上がった!」という口コミも多いです。

ただハイドロキノンは効果が出やすい分刺激も強いので、かぶれなど肌の変化を感じたらすぐに使用をやめましょう。

今回紹介しているQuSomeホワイト2.0の他に、洗顔から美容液までラインで試せるトライアルセットもあるので、気になった人はぜひ試してみてください♪

QuSomeホワイト2.0(ビーグレンの公式サイトを見る

3位:ホワイトショットSXS N(ポーラ)【ポーラ独自の美容成分配合】

基本情報
販売会社 株式会社 ポーラ
おすすめ度  4.5
価格
  • 通常価格:13,200円(税込)
内容量 20g
分類 医薬部外品
有効成分
  • ルシノール
  • ビタミンC誘導体
その他成分
  • Nクリアエキス
香り 無香料
購入できる場所 公式サイト、通販サイト、ドラックストア、ポーラ販売店など
ホワイトショットSXS N(ポーラ)は、ファンも多くポーラの技術が結集したシミ対策クリーム。

ルシノールとビタミンC誘導体に美容成分を加え浸透を高めた「ルシノール®EX」や2種類の美容成分をあわせた「Nクリアエキス」といったポーラオリジナルの複合成分配合が特徴です。

肌表面に密着する膜をつくり有効成分がメラノサイトに届くようサポートする処方など、他ブランドにはないポーラ独自の工夫がたくさんあり、「変化を実感できた!」「しみ対策クリームの中で一番好き!」という評判も高いです。

無理なく続けられる価格かは個人差があるシミ対策クリームですが、ポーラの独自成分や工夫が多く評判も高いシミ対策クリームなので、3位にしました。

「価格が高くても使用感に満足できるアイテムを使いたい!」というあなたは、一度手に取ってみることをおすすめします。

ホワイトショットSXS N(ポーラ)の公式サイトを見る

4位:ビハクシア【美白有効成分がW配合!】

 
基本情報
販売会社
おすすめ度  4.3
価格
  • 通常価格:9,800円(税込)
  • 定期初回価格:1,980円(税込)→クーポン利用:1,680円
内容量 27g
分類 医薬部外品
有効成分
  • アルブチン(ハイドロキノン誘導体)
  • ビタミンC誘導体
  • グリチルリチン酸2K
その他成分
  • 大豆エキス
  • ヒメフウロエキス
香り 無香料
購入できる場所 公式サイト、通販サイト
ビハクシアはシミュートと同じく美白有効成分がトリプル配合されているシミ対策クリームです。

配合有効成分のうち2つは同じですが、ビハクシアには、グリチルリチン酸2Kが配合されています。

シミュートに配合されているトラネキサム酸は、シミの原因であるメラノサイトに働きかけますが、グリチルリチン酸2Kにはその効果がありません。

そのため4位ですが、グリチルリチン酸2Kには抗炎症作用があり肌荒れを防止してくれます。肌コンディションを気にせず使えるので、敏感肌やゆらぎ肌の人には特におすすめできます。

また、シワ改善が確認できた効能評価試験済のクリームなので、シワが気になる人にもぴったりです。

ビハクシアは、肌コンディションを気にしないで使えるシミ対策クリームを探している人におすすめのクリーム。

初回はクーポン利用で1,680円の送料無料。定期縛りもなく、肌に合わなかったら20日間の保証もついていますので、ぜひ気になった方は試してみてください。

ビハクシアの公式サイトを見る

5位:SKIO VC ホワイトピールゲル【ロート製薬が開発したジェル状クリーム】

 
基本情報
販売会社 ロート製薬株式会社
おすすめ度  4.5
価格
  • 通常価格:4,400円(税込)
  • 定期価格:3,960円(税込)
内容量 80g
分類 医薬部外品
有効成分
  • L-アスコルビン酸2-グルコシド
その他成分
  • サリチル酸
  • 緑茶エキス
香り イエローシトラス
購入できる場所 公式サイト、通販サイト
SKIO VC ホワイトピールゲルは、オバジやメラノCCのロート製薬が新たに作ったシミ対策クリームです。

「美容液なのに、うるおい維持能力が高いモノを作りたい!」という想いで開発されたSKIO VC ホワイトピールゲル。

独自の浸透技術のディープターゲットデリバリーシステムを搭載することにより、
  • 角質に働きかける
  • 肌の浸透力を高める
  • 美容液成分を必要とする場所に届ける
  • うるおいを肌に留める
の4点を実現させました。

ビタミンCの研究を続けているロート製薬だからこそ見つけられた「ビタミンC誘導体・サリチル酸・緑茶エキス」の黄金比率で、シミ・毛穴・保湿悩みから解放してくれます。

「SKIO VC ホワイトピールゲルを使用後にメイクしたらモロモロが出た」いう口コミもありましたが、「サラッとしているのに乾燥しない使用感が好き」という声が大半でした。

SKIO VC ホワイトピールゲルは、ベタつかないのにしっとりした使用感なので、乾燥肌さんや脂性肌さんも使いやすいシミ対策クリームです。

SKIO VC ホワイトピールゲルの公式サイトを見る

6位:ビハキュア【美白※有効成分W配合でリピート率91%※】

 
基本情報
販売会社 株式会社ヘルスアップ
おすすめ度  4.0
価格
  • 通常価格:9,980円(税込)
  • 定期初回:1,980円(税込)
  • 2回目以降:5,980円
内容量 32g
分類 医薬部外品
有効成分
  • ハイドロキノン誘導体(アルブチン)
  • トラネキサム酸
その他成分
  • 天然ビタミンE
  • 酵母多糖末
  • 水添大豆リン脂質
香り 無香料
購入できる場所 公式サイト、通販サイト
ビハキュアは、美白※有効成分がW配合されているシミ対策クリームです。

メラニンの元を作るメラノサイトに働きかけ生成をおさえるトラネキサム酸と、メラニンの元・チロシンが黒色メラニンになるのを抑えるハイドロキノン誘導体(アルブチン)をW配合。シミの原因であるメラニン生成を徹底的にブロックしてくれます。

美白※だけでなく、肌の保湿や引き締め、沈静作用がある天然由来エキスが配合されているのもうれしいです♪

ビハキュアは、肌を保湿しながらもシミを徹底的に予防したいあなたにぴったりのアイテムです。

※メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ
※自社調べ

ビハキュアの公式サイトを見る

7位:カナデル プレミアホワイト【美白有効成分のW配合オールインワンクリーム】

 
基本情報
販売会社 プレミアアンチエイジング株式会社
おすすめ度  4.0
価格
  • 通常価格:4,180円(税込)
  • 定期初回:1,980円(税込)
  • 2回目以降:3,344円
内容量 58g
分類 医薬部外品
有効成分
  • ビタミンCエチル
  • トラネキサム酸
その他成分
  • ツボクサエキス
  • シソエキス
  • トウキエキス
香り 無香料
購入できる場所 公式サイト、通販サイト
薬用プレミアホワイト (CANADEL)は、美白※有効成分がW配合されている濃厚美白※オールインワンクリーム。

透明感あふれるお肌へサポートするビタミンCエチルと、紫外線や乾燥などの外敵刺激による炎症を抑え、肌荒れを防ぐトラネキサム酸が配合。トウキ根やセキセツソウなど植物由来の保湿成分が13種類も配合されているので、乾燥が気になる人におすすめです。

洗顔後はこれ一つで完結するオールインワンの薬用プレミアホワイト VCEは、忙しい朝でもシミ対策を怠りたくない人にぴったりのアイテムです。

※メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ

薬用プレミアホワイト(CANADEL)の公式サイトを見る

 

成分を比べて、無理なく続けられる価格帯のシミ対策クリームを選びましょう。

シミ対策クリームを選ぶ上で重要な3つのポイントをおさらい!

  1. 美白有効成分に注目!複数入っているものを!
  2. ハイドロキノンの配合成分量は2%以下のものを選ぼう!
  3. 長期的に続けやすい価格のものを!
多くのメーカーから発売されているシミ対策クリーム。説明をよんでもなんのこっちゃで、どうやって選んだらいいのかわかりませんよね。
そんなあなたに、シミ対策クリームを選ぶ3つのポイントをご紹介します!
どうせ買うならシミ変化を実感できるものがほしい!というあなたは、この3つだけおさえていただければ…!

1.美白有効成分に注目!複数入っているものを選ぼう!

「美白有効成分」と一括りにされている成分ですが、実は働き方はさまざま。

紫外線を浴びる前にシミ予防効果を発揮する成分もあれば、紫外線を浴びた後に効果を発揮する成分もあり、活躍できるタイミングがちがいます。
だからこそ、活躍の場面がちがう複数の成分を取り入れてケアすることが大切なんです。

中でも積極的に取り入れたいのは、こんな成分。
  • メラミン還元とターンオーバー促進できる成分
  • メラニン生成の指令を阻止できる成分
一つ一つ説明しますね!
  • ビタミンC誘導体
  • リノール酸S
  • 4MSK
紫外線を浴びるとできるのが「メラニン」という黒い色素。通常は肌のターンオーバーで垢と一緒にはがれ落ちます。でも、加齢や生活習慣の乱れでターンオーバーが乱れると、メラニンが残りシミとなります。

だからこそ、リノール酸Sや4MSKをとりいれ定期的なターンオーバーでメラニンを排出→シミを作らせないことは大切です。ビタミンC誘導体は、ターンオーバーを助ける効果もあります。シミができる前とできた後2段階でアプローチしてくれる頼もしい成分です。
  • カモミラET
  • トラネキサム酸
  • アルブチン(ハイドロキノン誘導体)
  • コウジ酸
  • プラセンタエキス
  • ビタミンC誘導体
紫外線を浴びた時にできるシミの元・メラニン生成をブロックできる成分です。

カモミラETやトラネキサム酸は、紫外線を浴びた肌から出るメラミン生成指令をブロック!

万が一指令が通ってしまった時でも、メラミンをつくる「チロシナーゼ」という物質の活性化をジャマしてくれるのが、アルブチン(ハイドロキノン誘導体)やコウジ酸、プラセンタエキスです。

シミ対策という意味では①の成分は必須ですが、シミ予防ができる②の成分も積極的に取り入れるのがおすすめです。

2.ハイドロキノンの配合成分量は2%以下のものを選ぼう!

シミ対策、と聞いて有名な成分といえばハイドロキノンではないでしょうか。

しかしこのハイドロキノン、かぶれなどの副作用が出ることもある強い成分。

2002年に認可されてから市販の化粧品にも配合できるようになりましたが、使い方に注意が必要な成分であることはまちがいありません。
日本ではハイドロキノンの濃度に規制がありませんが、アメリカでは「配合濃度は2%まで」と決まっています。

濃度規制が必要と考えている国があるくらい刺激が強い成分なので、個人で使う場合には2%までにとどめるのがおすすめです。

どうしても「2%以上の濃度が配合されているハイドロキノンを使って早く効果を実感したい!」というあなたは、皮膚科医で処方・経過を医師に診てもらいながら使用できるゼオスキンがおすすめです。

高濃度ハイドロキノン配合アイテムを使う場合は、必ず皮膚科医のもとで使用しましょう。

参考:アメリカ合衆国政府ホームページ

3.長期的に続けやすいものを!

使い始めたらみるみるシミがなくなるような魔法のクリームはありません。
シミ対策クリームの効果を実感できるまでの時間は、個人差があります。

通常28〜45日周期でターンオーバーをして肌が生まれ変わるといわれていますが、生活習慣や加齢によって肌のターンオーバーが乱れている場合もありますし、蓄積されているシミやシミ予備軍の数も人によってちがうからです。

変化を実感したいなら、毎日こつこつと継続して使用しましょう

継続には、「ストレスなく使える使用感で、使い続けられる価格のクリーム」かどうかが大切になってきます。
テクスチャーはもちろん香りや価格にも注目して、続けられるシミ対策クリームを選びましょう。

シミ対策クリームを使う前に気になる5つのQ&A!

  • しみ対策にはハイドロキノンがいいって聞くけど注意点は?
  • ニベアをしみとりクリームとして使えるって本当?
  • シミ対策クリームを使っていれば美白になれる?
  • シミ対策クリームは医薬部外品の方がいいの?
  • シミが剥がれるって嘘?本当?

1:しみ対策にはハイドロキノンがいいって聞くけど注意点は?


ハイドロキノンは、配合濃度を規制する国があるくらい刺激が強い成分だということを知っておきましょう。

日本での濃度規制はありませんが、アメリカでは配合濃度は2%まで、と決められています。ただ、刺激が強い分、変化を実感できる人が多いのも事実。

どうしても短期間でシミに変化を感じたい人は、皮膚科医で高濃度ハイドロキノン配合のゼオスキンを処方してもらい経過も診てもらいつつ使用するのがおすすめです。

ハイドロキノンの注意点については「ハイドロキノンの配合成分量は2%以下のものを選ぼう!」を参考にしてください。

2:ニベアをシミ対策クリームとして使えるって本当?


NHKの「ためしてガッテン」で紹介されてから話題になったニベア。SNSで「ニベアでシミが消えた!」という口コミもみますが、ニベアにはシミに働きかける美白有効成分は入っていません。

ただ、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mgという成分は白い粉状なので、肌にのせると白っぽくなります。だから、肌がうっすら白くなりシミが薄くなったように思う可能性はあります。

ファンデーションのようにシミ隠しとしては使えるかもしれませんが、シミ自体は取れませんのであしからず!

3:シミ対策クリームを使っていれば美白になれる?

しみ対策クリームはあくまでスキンケアアイテム。紫外線カット効果はありません。紫外線を受けた時にシミの元・メラミン生成を邪魔する成分やターンオーバーを促す成分は入っていますが、日焼け止めの併用は必須です。シミを予防し美白を目指しているのなら、シミ対策クリームと日焼け止めは必ず併用しましょう。

4:シミ対策クリームは医薬部外品の方がいいの?

はい、医薬部外品の方がいいです。なぜなら、美白効果(メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと)が認められているのは、医薬部外品だけだからです。化粧品には、美白効果が認められていません。

5:シミが剥がれるって嘘?本当?

レーザー治療後のシミがかさぶたになって剥がれ落ちることはあります。しかし、シミ対策クリームなどスキンケアアイテムでシミが剥がれることはありません。

まとめ

  • シミ対策クリームで最もおすすめなのは、美白有効成分が3つ入っているシミュート
  • シミ対策クリームは成分チェックが何より大切!
  • ハイドロキノン配合クリームは濃度2%までが安心!
  • 手軽にシミケアを取り入れたいなら医薬部外品のクリームがおすすめ
  • より早く効果を感じたいならレーザー治療や皮膚科医でゼオスキン処方もあり!
シミ対策クリームは、私自身も実際に使用しています。お肌に自信がでて自己肯定感が爆上がりしたので、ぜひおすすめしたい商品の一つです。

過大広告も多いシミ対策クリームですが、この記事で紹介したトップ10は医薬部外品や実感力が高いハイドロキノンが配合されているアイテムだけを厳選して集めました。

より早くシミの変化を感じたい人には、シミ取りレーザーやハイドロキノンを高濃度配合したゼオスキンを処方してもらう方法もあります。

年を重ねるごとにシミが増えていく自分の顔が、好きになれなかった以前の私。
私の場合はシミュートを使ったおかげで、もう一度自分のことが好きになれたし自信もつきました。

あなたに合った方法で、美白をぜひ目指してみませんか?